かってに東方神起

ユチョンとジョンシンが大好きすぎる!!

06« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

プロフィール

Twitter

FC2ブログランキング

最新記事

最新コメント

カテゴリ

FC2カウンター

FC2カウンター

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: --  /  comment: --  /  スポンサー広告

ホミンが初めて語ったこと。 

お久しぶりです。
先週、韓国から帰国したなちです。(笑)


話題になってたホミンの黄金漁場への出演。
はじめて3人への思いを語ってくれました。


番組を御覧になった方がどう思われたのか、

それは人それぞれだと思いますが…

私は正直悲しかったです。

言いすぎかもしれませんが、絶望って言葉がぴったりなような

そんな気持ちです。




そう思ったのは、

訴訟を起こす。ということをユノとチャンミンが知らなかったこと。

ユノの思う3人が訴訟を起こした理由。

から。


私はてっきり訴訟の事は、みんな知った上での事だと思っていました。

訴訟の前にメンバーでの話し合いがあってそれでも意見が食い違って、

最後の手段だったのだと。

でも実際は違った。

少なくとも今回の話を聞く限り、

ユノとチャンミンは3人から知らされていなかった。



一番悲しいのは、こんなことが起きてしまった理由。

ホドンさんの

「なぜこのようなことになったと思いますか。

ユノくん個人の意見を聞かせてほしい。」

という質問に対して、ユノは

「若くして韓国で成功して、

さらに日本でもそれ以上の成功を収めて

その雰囲気にさらわれて…」






正直こんな理由聞きたくなかった。

というのが本音です。

ユノを責めるつもりはありません。

私が悲しいのは、ユノが言ったことに対してではなくて。

もし本当に3人がユノの言ったような理由で訴訟を起こしたのなら…

そう思うと悲しくて、苦しいです。

TVだからどこまで本音が言えたかわかりません。

都合のいいように編集されたかもしれない。

でも、嘘でもいいから違う理由であってほしかった。



心の中でずっともしかしてと思ってきたことが、

ユノの一言で確信に変わってしまった。

そうじゃない。そんなはずない。

ここまでするからには、

絶対的に許せなかったこと、

自分たちの信念を曲げなければいけないようなことがあったんだ。

そう思い続けてきたけれど…。




もちろんこの番組で話されたことはほんの一部で、

すべてじゃない。

本人たちにしかわからないことだってある。

私がいくらこのちっぽけなブログに何か書いたところで、

何にも変わらない。

でも、あえて書く。

私のかってな独り言。


私はたとえ今回の問題で3、2に分かれてしまっていても、

メンバー同士の不仲説なんてこれっぽっちも信じてませんでした。

それは、私の本当にかってな解釈だけれども、

問題は事務所と3人の間にあって、

そのことをメンバーはお互いに承知したうえで起こっていることだと思っていたから。

5人でやりたい。

でも、3人と事務所の問題が解決しない限りどうしようもない。

事務所がメンバーの間を阻んでいるんだと思っていました。

でも、2人からは

困惑と悲しさと、少しの怒りとあきれ。

そういったものが入り混じっているように思えて。

2人がそう思うのは当然だとは思います。

だから不仲という言葉はちょっと違って、

なんていうか…昔と「一緒」ではないなと感じました。



これはホントに私個人の考えなので、

まぁ不愉快に思われる方もいると思います。

私はどちらかに偏って味方するつもりはありません。

私が好きなのは



5人の東方神起



だから。



ただ、私が一番恐れていたことが起こっているような気がして。

どうしようもなく怖くなって。

だからその気持ちを書きました。

こういうことは深読みしてはいけませんね。やっぱり。



私の5人への愛は、今日も変わらず深いものです!

スポンサーサイト

[edit]

この記事に対するコメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
→http://nachi314.blog91.fc2.com/tb.php/205-2763ebd6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。